2010-08-30

ケララバワン6周年サッディヤ

練馬駅にあるケララバワン。
だいたいいつ行ってもお客さんが多い人気店で、ケララの家<館>という名前の通り南インドのケララ州の料理が楽しめるお店。とはいってもナンなど北インドの料理もある(というかこっちの方が人気?)。

毎年8月にはお店の開店月のお祝いとしてサッディヤを無料でふるまうことも有名。今年は8月22日の開店6周年記念におじゃましました。


サッディヤ(sadya、お祝い/お祭りの伝統食)はバナナの葉を模した紙製プレートで。

ケララバワン

どんどんどんと盛られていきます。

ケララバワン

左上から
塩(salt)多分使わないけどと言いつつ盛ってくれました。塩です。
ドライジャックフルーツ(dry jackfruit)半ドライという食感のジャックフルーツ。酸味と甘味。
タマリンドチャトニ(tamarind chutney)ラッサム替わりの酸味。
レモンピックル(lemon achar)定番ピックル。酸っぱい。
バナナのカーラン(kaalan)大きく切られた青バナナのヨーグルト・ココナッツカレー。
黒目豆のオーレン(olan)ココナッツ味がメインのカレー。
ダール(カボチャのエリセリ?)(daal/erissery)ローストされたココナッツ味のカレー。
ビーツのパチャディ(beet pachadi)赤カブヨーグルト。こちらのは酸味控えめ。
ヘビウリと里芋のマサラ(サンバル?)(masala/sambar)柔らかく煮込まれたヘビウリのスープカレー。
バナナとインゲンのポリヤル(poriyal)定番インゲンのポリヤルに小さく切られた青バナナの炒めカレー。
野菜ビリヤニ(vegetable biriyani)長粒米の炊き込みご飯。
ライス(rice)
パパル(papadum)

ケララバワン ケララバワン


ビリヤニに豆のコフタ(団子)も入ってるよねと店主サッシーさんに聞いたらコフタじゃなくて一緒に豆も炊きこんでるからそんな食感になってると言われた。。
おかわり時にはライスの上にそれぞれのカレーをだばっとかけてくれます。

ケララバワン ケララバワン


他にタピオカ入のラッシーがありました。
どれもこれもおいしくお店のもてなしの気持ちも嬉しい食事でした。

ケララバワン
デザートはアダパヤサム(ada payasam/pradhaman)米粉とココナッツ、ヤシ砂糖を練ったものをバナナの葉で蒸したアダを甘い汁で煮たインドスイーツ。
パヤサム(キール)は好きでよく食べてるけど、この寒天的な食感は新鮮だった。というか味はどれも同じで食感の違いしかわからないくらい甘いのがインドスイーツだと思ってる。


メニューは店員さんに聞いたのとこちらのレビューから補完させていただきました。

ケララ料理特にサッディヤになると見るだけ食べるだけだとほぼ料理名はわからない。
一応自分的な見分け基準は、カーラン:バナナ・芋などが大きく切られてヨーグルト・ココナッツ味。白黄色。
アビヤル:カーランよりも色々な野菜が入っていてカーランより酸味が強い。白黄色。
トーレン:ドライでココナッツ味。オーレン:ココナッツミルクと生姜味。白。エリセリ:カボチャでローストしたココナッツ。茶色。

以前他の場所で食べたサッディヤは左上からアチャール、カーラン、アビヤル、エリセリ、トーレン、サンバル。

サッディヤ

大森のケララの風のランチミールス。
これを見ただけでそれぞれのカレーの名前が言えるかといえば言えないくらいの理解度。

ケララの風

正解は左から、ビーツのパチャディ、トーレン、クートゥ、アビヤル、ラッサム、下右がサンバルでした。



ケララバワン Kerala Bhavan
練馬区豊玉北5-31-4
ランチ 11:00-15:00、ディナー 17:00-23:00(LO 22:30)
土日は通し営業
web


posted by moosld at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区

2010-08-27

アーンドラキッチン1周年ミールス

御徒町駅そばのインドの南側アーンドラ・プラデーシュ州の料理を出すアーンドラ・キッチンが開店1周年を記念しアニバーサリー価格でディナーを提供ということでおじゃましました。
ノンベジで頼んでたんだけど、チキンティッカをワダに変えたいとかマサラドーサだったらプレーンドーサに変えたいとか思っていたが座ったらすぐスターターが出てきてしまった。
今日は1日で4回転ほぼ満席の店内ですから仕方がない。それにしても人気ありますね。


1st Aniversary Set -Non Vegi- 2,060円


スターターのドーサセット。
ミニマサラドーサ(masala dosa)、サンバル(sambar)、チキンティッカ(chicken tikka)、ガーリックティッカ(garlic chicken tikka)、ココナッツチャトニ(coconut chutney)、グリーンチャトニ(green chutney)。

ドーサは厚めでもっちりめ。驚いたのがサンバルで強めの辛さがかなり出ていた。今までの印象をくつがえす味だった。
チキンは下ごしらえが丁寧なのかとても柔らかかった。

アーンドラキッチン


スペシャルミールス

アーンドラキッチン

パラクーラ・パップー(palakura pappu)豆のカレーにチョップされたほうれん草。シンプルながら豆のおいしさが伝わる味。
パップー・チャール(pappu charu)ベリーシンプルラッサムスープ。辛さは際立ってはないが雑味のない酸っぱ辛うま。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン


ベジタブル・クルマ(vegetable kurma)ニンジン、インゲンなどはいったややとろみの強いカレー。
マトン・クルマ(mutton kurma)ベジタブル・コルマとの対比も考えたのか強めの味。ココナッツ的な甘みは感じず。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン


チキン・ビリヤニ(chicken biriyani)やはりこちらのビリヤニは秀逸。チキンもレッグだけではなくボディもほろほろになるまで柔らかかった。カルダモン、クローブなどの爽やかな芳香はあるが、味付け自体は薄いので各カレーをかけて食べてもおいしい(ほんとはライタだけでビリヤニを楽しんだほうがいいんだけど、小食だと食べきれなくなる)。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン


ライタ(raita)きゅうりヨーグルト。ビリヤニにかけます。
バスマティ・ライス(basmati rice)インド長粒香り米。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン

オニオン・ピックル(onion pickle)たまねぎの辛味がぬけて甘酸っぱい味でこれかなりよかった。
ポテト・パパル(potato papad)豆のパパルよりふんわりしててこれもいい。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン


ダブル・カ・ミータ(double ka meetha)気になっていたデザート。揚げ食パンを甘いミルクやナッツのソースに漬けたもの。味は思ったとおり激甘インドデザートの味でした。でもおいしい。

アーンドラキッチン


席に着くとオーナーの娘さんかな。かわいいインドの女の子が小さな箱をくれた。
開けるとゴールドのガネーシャ。嬉しいサプライズプレゼント。

アーンドラキッチン アーンドラキッチン



このお店に来たのは2009年8月29日がはじめて。
そのとき食べたのはランチノンベジミールス。そのときは全体的にたまねぎの味が強すぎてあんまり得意な味じゃなかったんだよね。
今日も思ったけどここの店はハイデラバーディスタイルの若干イスラム色の強い料理=肉がうまいですね。

アーンドラキッチン


アーンドラキッチン Andhra Kitchen
台東区上野3-20-2
ランチ 11:00-15:00、ディナー 17:00-22:00
月曜ディナーのみ休み
web


posted by moosld at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台東区
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。